受信機の名門、DRAKE製品の取り扱い強化中!


drakelogo
DRAKEといえば、かつては数多くの無線機を世に送り出すアメリカの老舗メーカーでしたが、残念ながら2000年に入ってからはリグ製品はラインナップからなくなくなり、別の分野での活動を行っています。
同社からはこれまで、多くのアマチュア無線家の憧れとなったモデルを世に送り出してきました。
日本でも愛好家は大変多く、今でも中古市場の需要は薄れることを知りません。

DRAKE SPR-4

SPR-4は一際人気を見せた一台です。同機は一見、真空管式の受信機に見えますが実はソリッドステートとなっており、当時としては最新の技術が盛り込まれた一台でした。

国内の定価は30万円とかなり高額だった為、無線家憧れのアイテムとしても有名です。

元々、日本での使用は想定されていたなかったリグのため、電源は120V仕様となっていましたが、昇圧トランスをかませなくてもそのまま使用しても問題ありませんでした。

操作部分はいたってシンプルで、非常に扱いやすいのが特徴です。

本機も状態問わず買取需要を見せるアイテムとなっています。長らく使っておらず動作しないといったようなお品物も売却価値がございますので、諦める前にご一報ください!

R8B

r8b

同社の民生向けリグの最終作となったのがこのR8Bです。

本機はR8というシリーズのマイナーチェンジ品であり、その集大成として開発されました。

洗練されたフロントフェイスは、一目で高性能であることを感じ取らせます。

テンキーによる周波数入力や、同期検波方式の採用、汎用性の高いPCコネクタなど使い切れないほどの充実な機能を装備。

対応周波数範囲はスタンダード機だと10kHz~30MHzとなっていますが、オプションで用意されているVHFコンバーターを取り付けすることで、VHF帯も対応することが可能となっていました。

ここ日本へ正式な輸入は行われることはありませんでしたので、現在は希少価値が高い逸品です。

SSR-1

ssr-1

本機は無線回路やサイズの部分からYAESUの往年の定番モデル、FRG-7と比較されることが多々ありました。アナログ感満載の素朴な外観ですが、電源を入れるとグリーンのバックライトが灯りなんとも良い雰囲気を感じさせる可愛いモデルです。とても素朴な作りですが、無線の性能としては大変優れており、実力派としても一面も見せます。扱い方に若干のクセがあるものの、なれてしまえば気軽に使え、電源が取れない場所でも電池による駆動も対応している為、使い勝手の面でも優秀です。

カバーの形状が違う前期・後期型が存在し、どちらも現在はコテクターズアイテムとなっています。

DRAKEの無線機器売却なら私どもにお任せください。

戸口無線はどんなにマイナーな製品・高級品も喜んで買取サービスを年中無休にて実施しておりますので、お気軽にご利用ください!