FT-1000MPのシリーズモデルを高額買取中


ヤエスはこれまで数え切れないほどのアナログ無線機をアマチュア無線の世界に投入してきました。その中でも名機とされているのがFT-1000MPシリーズだと思います。
発売からすでに10年以上経っているのにも関わらず、長年愛用されている方が非常に多く、また今あえて中古品を捜し求めている方も見受けられるようになりました。
そんなアマチュア無線機の中でも屈指の名品となっているFT-1000MP MARK-Vを当店では高額買取実施中です。
ft-1000mp

 

ご存知の通り、FT-1000MPは発売当時も非常に人気の高い固定機で、一時期はコンテストのスタンダードモデルという扱いを受けていたほどでした。
ヤエスもFT-1000MPの活躍ぶりを見て、更なる進化を図るべる無印からMARK-V、最終モデルのFT-1000MP MARK-V FIELDと改良モデルを発売しました。

性能を比較するとやはり決定的な差がありますが、見た目の面ではフロントパネルはほとんど違いがなく、トップパネルのヒートシンクがMARK-Vからはむき出しになっている程度の変更点が主となっています。

back
現在でも全て買取可能品目となっていますが、この中で一番高値が期待できるのはあえて言うまでもないことなのですが、MARK-V FIELDになります。
とはいえ、初期型についても性能アップの改造方法など情報が豊富のため、FIELDに比べてば安値の無印の良品をあえて探されている方もいらっしゃるため買取価格に雲泥の差があるというような状況になっておりません。また、50MHzトランスバーターとして、本機と組み合わせて使われることが多かった、FTV-1000をはじめ、本体後付オプションのMAIN(VFO-A)用や高安定水晶発信器のTCXO-6を使いしている個体については、査定額が大幅にアップが可能です。同機種をお持ちの方で売却をする際は、まずは過去にフィルターや改造を行った履歴があるか確認していただき、追加があった場合は査定員にその旨をお伝えください。

また、FT-1000MPと合わせてではなく、上記のFTV-1000のみや取り付けしようとしてそのままにしていたオプション単体はじめ、無線関連の周辺パーツも買取可能なものは多数ございます。
当店ではどんなに細かい物でも価値があれば一点ずつ買取の対象とさせて頂きますので、無線機材の一括売却をご検討中のお客様はぜひ一度、当店までお問い合わせください!