ICOMのIC-R8500を買取致します。


本格的な傍受をするなら、やはり受信機本体にも拘りたいですよね。
国内メーカーのレシーバーは正直にいってしまうと、あまり豊富ではないのが現状です。
そんな中、多くの受信ユーザーを虜にする機種が出現しました。
それが、ICOMのIC-R8500です。

今回はこのIC-R8500について簡単な特徴を交えて、買取のトピックを追加いたします。
icr8500

定価18万円を切る、良心的な価格で使いやすいサイズ感が特徴の名機です。
他の多くの無線機とは少し変わった現象として、一度IC-R8500は販売終了となったのですが、もう一度生産を再開して欲しいという声が予想以上に多く集まり
結果、粋なアイコムはその声に答えて再度IC-R8500を自身のアマチュア無線機のラインナップに追加しました。

受信は0.10000~999MHzまで。エアーバンドの傍受に良く使われる機種ですが、HF帯にも対応しています。
固定無線機と考えれば十分コンパクトですが、現行のアマチュア向けの通信機型受信機の中では最大級のサイズを誇ります。

電源は内蔵式ではなく、外部からとっているので、かなり余裕のある動作が可能で、メンテナンスフリーにも定評があります。
HF,VHF/UHF帯すべてにバンドパスフィルターが備えられており、高水準の多信号特性を誇ります。
これによって、バンド以外の強い電波を寄せ付けることのないように出来ます。
当時、ライバルモデルと比較された際にもその高い性能を披露し、多くの無線マニアの物欲をかりたたせました。受信のモードにはオートがないので、使い慣れるまでにギクシャクするのはご愛嬌。

スキャン部分は現行のものと比較すると若干機能が劣りますが、検索速度自体に不満がでることはまずありません。HF帯からVHF/UHFを中心に受信を楽しむという方にうってつけといえる一台です。ちなみに通電に必要となるACアダプターは別売なので、購入の際は注意したほうがいいです。

panel

現在の中古買取値は数年前と比べると下がり気味となっていますが、まだまだ需要が衰えているわけでありません。同じ時期に作られた同様のリグを比較すると、むしろ非常に安定した人気アイテムといえる状況となっています。
中古品でも状態のいい品の場合、新品の実売に近い価格で購入している方もいらっしゃいます。

当店でもこのIC-R8500は特別価格にて買取実施中となっております。
IC-R8500を手放したいお考えのお客様ございましたら、ぜひ私どもの査定サービスをご利用ください。