144/430MHz D-STAR対応のID-51(PlusII)を買取中

ICOMから発売されている話題のハンディートランシーバー、ID-51を高額買取中!

まずはID-51の特徴を追って行きたいと思います!

ID-51 PLUS

ID-51はアイコムの144/430MHz D-STAR対応のハンディートランシーバーです。
新機能が拡張されたPlusIIが発表されてから日の経った今もユーザーの多い名トランシーバーです。

先祖のID-31と比較するとその進化ぶりに多くの人が驚かされたのではないでしょうか。

元々当時のライバル機種と比較しても圧倒的なパフォーマンスを見せていた430MHz対応のID-31をベースに144MHzを対応したのがID-51です。
また、レシーバー機能についても航空無線とラジオ帯を追加と、バラエティーに富んだ内容となっていました。

その後、PLUSへマイナーチェンジを果たし、新世代の無線ならではといえるスマホをつった画像伝送、チャットや地図の表示が行えるようになり、更なる評価を獲得。

そして最新作となるのID-51Plus2では、新たにターミナルモードとアクセスポイントモードという機能が加わりました。
これらのモードがあることで、近くに通信可能なD-STARレピータが存在しないケースでも、D-STARレピータ網で交信が行えるようになります。
このモードを使う場合はPCやスマホといった端末を別途用意する必要があります。

アクセスポイントモードの際はID-51PLUS2をノードという役割で機能させ、他のD-STARに対応するトランシーバーからID-51PLUS2まで通信を行います。

そして、PLUS2の最大特徴となるのが世界で生産5000台のみ限定という点です。

カラーはスタンダードなブラックとレッドに加えて迷彩柄が施された三色が用意されています。

それぞれ1000台のみの生産なので欲しいカラーを手に入れることが出来なかった方も多いようで、カラーによって微妙に買取額の差が出ています。

中古相場はおおよそ4~5万円ほどとなっていて、使用済みのお品物は程度がいいもので4万円に届くか届かないかの価格幅となっています。

当店でもID-51 PLUS2は買取の対象となっております。

新しいモデルはどうしても発売から日が経つにつれて値段が下がってしまうため、売却をご検討中の方は早めの買取ご依頼をオススメいたします。

戸口無線では5月末までID-51 PLUS2を特別価格にて買い入れを実施しております!

とにかく高値で売りたいという方必見です!