関連品も取り扱い強化中


お世話になっております。今回は無線に関連するグッズ類の買取についてお知らせです。

リグとあわせご使用されていた安定化電源やマイク、SWメーターといった主要の周辺機器はもちろん一つ一つが査定の対象となっていますが、実際にはどこまで受付しているのかよく分からないと思います。

そこで、このページで不定期になりますが、こういったのも買取できますよ!といった例を順次ご紹介していきたいと思います。

まずは意外?ラジオ系の関連書を買取も可能です。無線の関連書もOK

CQ Ham Radioといった定番所や、ちょっと路線がズレますが無線と実験などのバックナンバーはお値段が付きます。 正直に申し上げますと取り扱いが難しいものもかなり多いです。ですが買取できないと諦めてしまう前にぜひ一度ご連絡ください。自作の無線やアンテナ指南書といった専門性の高いものも思わぬ査定額が付くお宝品もあります。 私どもはお客様のご要望があれば、買取できるものはもちろんですが、お値段がつけられないお品物も一緒に引取りすることができます。
「片付け中で散らかっている」など、現場の状況もまったく問いません。過去にも物であふれかえっている場所の中から無線機を掘り起こして見積もりを行った事例など、数多くのケースを柔軟に対応させていただいております。

次はちょっと限定的なのですが、東京ハイパワーのアンプを高額買取中です。

ほとんどの方がご存知だと思いますが、アンプの老舗メーカーさんですね。惜しくも去年に突如廃業となってしまいました。CBや日本のラジオブームを担いできた存在でした。無線機本体の出力が拡大されていることや、規制によって需要がかなり減っていたのが理由なのでしょうか・・・。本当に突然のことだったので、これには多くの人が驚かれたことでしょう。アフターサポートも終わってしまうそうなので、ユーザーにとっては本当につらい状況ですね。

非常に高品質で長く使いつづけられるタフネスさが評判となり、これまで多くの名機品を生み出し、多くのファンを獲得していました。
その中でもなんといってもHL200シリーズはトーハイの要ともいえる製品でしたね。

HL200の画像

今でも愛用している人はかなり多いと思いますし、戸口無線でも常時在庫として欲しい一台となっています。
また、HLシリーズは全てが査定強化の対象となっているので、売却の際はぜひ当店をご利用ください。

長々と書いてきましたが、まだまだ挙げればきりがないほど高額買取可能なモデルが多数ございますので、後日それぞれ専用のページを更新していきたいと思いますので、よろしければご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です