ヤエスのHFオールモード、FT-1021を買取します!


こんにちは!例によって無線機の取扱強化品目のお知らせを致します
YAESUがかつて発売していたFT-1021シリーズの売却なら当店にお任せください!

HF帯のアマチュア無線バンドをオールモードで送信を可能とした高性能のトランシーバーと独立構造となっているゼネラルガバレッジレシーバーを一つの筐体に納められた形をとったFT-1021。

ft1021

同シリーズのフロントエンド部は受信アンテナ入力部に14分割をしたバンド・パス・フィルターを採用して、フロントエンド挟帯域化を図り、バンド外の混変調を大幅に軽減させることを実現しています。
また、フロントエンドのミキサー部にはNF特性の優れたジャンクションFETをクワッド接続したダブルバランスドタイプを取付けしています。全く新しく開発されたクワッドプルコンバージョン方式とのコンビネーションによって、低ノイズかつワイドなダイナミックレンジ108dBを得ると共に、優れた混変調特性、相互変調特性を実現しました。

そしてFT-1021はトランシーバーと受信機をそれぞれ独立した形で内臓されているため、違うバンドの信号を同じタイミングで受信することができます。いずれの周波数も完全独立したデュアルVFOによってそれぞれ別々に制御することが出来ます。ディスプレイもそれぞれ二つ専用の周波数表示ができます。

その他、新開発のPLL回路とTCXOの採用により、ロックアップタイムを限りなくゼロし、これによってAMTORやパケット通信などの高速データ通信やCWフルブレークイン操作時に高い性能を発揮します。

また、PLL回路の心臓部でもある、基準発信周波数安定度についてもライバル機の水準よりも大幅に差をつける内容が現在にも続くヒット作となったポイントとなっています。

dlma
FT-1021はシリーズモデルのため、無印機とXモデルなどが存在しますが、当店ではそれら全てが買取対象となっております。

シリーズ中もっとも高値査定が期待できるのはやはりXモデル。

無印と比較すると全く同じ程度だとしても買取値は2~3万円ほどの差が出てきます。最も値段が下落傾向にあるのはS型となっています。

とはいえいずれも買取価格が付かないということはありません。極端な例でショートを起こして動作不良となってしまった固体も買取が可能となっています。

その他、本機に合わせて使う定番アイテムとなっていた外部スピーカーのSP-5についても、高額買取可能なアイテムとなっております。

その他、合わせてご使用されていた関連の無線も高額買取いたしますので、一括整理から買い替えの際の売却先をお探しの際はぜひとも当店のご利用を御一考ください!