買取のお知らせ:TS-950SDX


こんにちは、本日も当店で取り扱いしている無線機の中で買取に力を入れている一品をご紹介いたします。

今回はKENWOODの名機、TS-950SDXについてお知らせいたします。

TS-950SDXはケンウッドのもつ技術が凝縮され、HF機として比類なき性能を備えた最高級トランシーバーです。
TS-950SDXの画像
とくに通信技術の基本となる受信送信性能は従来のアマチュア機の次元を超えた高い完成度を誇っています。他者に先駆けたDSP搭載トランシーバーとしての能力をさらに高め、送信電波の高品位と、高音質化だけでなくひずみのない受信音質も実現させています。またアマチュア無線用のトランシーバーとして初めてFETファイナルを搭載し、送信性能の大幅な向上も達成しました。最高級機にふさわしいハイレベルな性能の受信部においては2波同時受信時にもメインとサブ同等の実力を発揮するように設計されています。
多彩なスプリット運用対応の機能によって、効率的DXコンタクトができるよう万全の配慮がなされています。さらに、操作面でもメイン・サブ切り替え機能など基本的部分から見直しをおこなっています。手元操作ができるリモートファンクションキーボードも付属して、高い操作性を実現しています。もちろん、オートマチックアンテナチューナーも内蔵させ、DXQSOの最前線に一石投じる内容の一台として、ハムファンからとても高い評価を受けた一台でした。
当時の標準販売価格は55万8000円と、ハイエンド無線機ならではといった感じです。
ケンウッド独自のDSP搭載によってひずみのない無線音質を実現しているのが最大の特徴で、それまでのHFトランシーバーでは不可能だった送信電波の飛躍的な高品質化を実現しています。
また、アマチュア無線用のトランシーバーとしてははじめてFETファイナルを搭載しているのも特徴です。
従来のトランシーバーをはるかにしのぐ送信電波を発信することができて、とくに高次のIMD特性は電圧50V動作とFETの特性をフルにいかすことで、画期的な特性を実現させていました。それによって信頼性も向上させています。
TS-950SDXに使用しているファイルは専用のものが採用されており、MRF150MPというPD300Wを二つ搭載させ実効600WというパワーMOS型のFETというものでした。その動作特性を十分に考慮した設計により、クリーンな電波を安定して発射することができます。さらにダイキャスト製の大型ヒートシンクと強力なクーリングファンによって放射高価もきわめて高くなっています。このため、RTTYやパケットなどの交信による連続しようにおいても信頼性の高い運用が行えビーデューティ設計を実現しています。

現在でも無線機の買取需要は高く、愛用しているファンも多くございます。

当店では本機の買取額は~¥100000となっております。(2013/10/22現在)状態やオプションなど、状態によって査定額がアップいたしますので、まずはお気軽に無料査定のお問い合わせください。

フルセットの状態

当店ではTS-950SDXはもちろん、無線に関連するものなら何でも買取致します。出張はもちろん、宅配や持ちビルの店舗にて営業しておりますので、ご安心してご依頼いただけます。
>無線機買取の戸口無線

日本全国からのお問い合わせを受付しておりますので、お気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です