緊急時のトランシーバーの優位性


対象のトランシーバートランシーバーというものは、災害時など、予測不能な出来事が起こってしまったときなどに最大限の強力な力を発揮します。
「災害時にはすべての行動は情報から始まる」というような言葉があるように、災害時には、有線の電話も、それから携帯電話も全く使用不可になってしまいます。
そんな絶望的な状況の中で、無線のトランシーバーは絶大な効果を発揮してくれます。
災害時の情報伝達は、町内会や自治会などで特定小電力トランシーバーを活用しましょう。

基本的に、トランシーバーというものは、資格や免許を一切取ることなく使い方を学ぶことで誰にでも使っていくことが可能です
その反面、送信出力が小さいために、住宅地などでは100mから200m、見通しの良い場所では1kmから3km程度の能力になります。

しかし、先述のような範囲の情報伝達能力でも、災害時には非常に強力な効果を発揮するのです。現在の日本人、そして世界の人間は、機械の能力に頼りきっています。
そんな中で、機械を使えるありがたみをトランシーバーから感じることになるでしょう。
災害発生直後の最も重要になっていく時間帯、家族や近所の人の救助、初期の消火の応援要請などは近くの人しか協力することが出来ません。
遠くの人や救急車などに救助を要請したくとも、出来ません。

そんな中で、トランシーバーを使って近くに住む人に救助を要請し、協力し合うことが可能なのです。
トランシーバーは基本的に信頼性が高く、中継もなく直接的にトランシーバー間で交信をすることが可能です。
有線の電話や携帯電話とは違って、災害時に使えなくなってしまうということはありません。
そのほかのトランシーバーのメリットとしては、いっせいに情報伝達が可能になるということです。
トランシーバーのいいところは、テレビの放送局と同じように、ひとりから多数の人に伝達することが可能ですし
他人の通信も効くことが可能なので、災害地域の情報を共有できるという大きな強みがあります。

電話では基本的に1対1しか情報の交換が出来ないのに対して、災害時という危機的な状況の中で、一挙に交信できるというのは非常に有意義なことなのです。
このように、トランシーバーは、有線の電話や携帯電話が復旧したとしても、連携活動時のツールとしても非常に優秀な道具なのです。
しかし、いくら優秀だとは言っても、高度な使い方は禁物です。パニックを防ぐためにも、シンプルに使用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です