海外無線機の憧れ、コリンズについて。


こんにちは!久しくコラムの更新をしておりませんでした。
今回は海外の無線機といえば、誰もがご存知の名門、コリンズの買取についてお知らせいたします。

コリンズとは?

恵まれた環境で生まれ育った少年、コリンズは根っからのアマチュア無線好きで、毎日飽きることもなくハム仲間と一緒に楽しんでいたのですが
やがて既製品の性能には満足がいかず、既に10代のころには自作で無線機を手がけるようになっていました。
そしてその流れから、ついに自社のブランドを立ち上げるようになるのですが、当時の需要や情勢もあいまって、なかなか本格的な無線機の製造には着手できずにいました。
しかし、次第に国から業務用の製作依頼が入るようになったことをキッカケに、本格的な製品を作り始まるようになりました。
そして、現在にも語り継がれるコリンズというブランドが確立されていくようになります。
革命的な発想と技術を強みに、これまで数え切れない実績を築き、その世界の人間ならばその名を知らない人はいない程の存在とりました。
また、天才の手によって生み出されたリグは、当時としては脅威的な性能を誇りアマチュア界においても多くのファンから支持されていました。

そして、それらの人気は現在でも衰えることはありません。
コリンズからはこれまで数多くの名機とされているモデルが存在しており、当店でも買取強化中となっているお品物が多数ございます。
今回はその中から1点、ピックアップさせていただきますね。

まずはなんといってもこちら、KWM-2ですね。
KMW-2の全体部
今更説明する必要もないぐらい有名な一台です。
今でも実用できるポテンシャルを持つ、とても完成度の高いトランシーバーです。
当時、日本のアマチュア無線機の業界は黎明期で、ほとんどの愛好家はキットなどを自作するなど、既製品を買うという選択が出来るほどランナップは充実していませんでした。その反面、米国ではハリクラやコリンズなどが次々に新製品を販売していましたが、入手することは難しく羨ましく見ているだけしかなかった時期がありました。
しかしその後の時代の流れでKWM-2が比較的手に入りやすくなったころには、多くの個体が日本にやってきたようです。結果的にこれまで発売されたKMW-2の大半はここ日本の無線愛好家が保有としていると言われています。
買取においても需要はトックプラスのお品物で、当店でも常に査定強化の対象とさせて頂いております。

また、その他にも前記にでてきたハリクラなどの海外製品も受信機やトランシーバーなどのお品物を問わず、買取に力を入れております。
ほとんど知名度のない希少な物についても受付しておりますので、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です