月別アーカイブ: 2015年6月

国産の無線機やアンテナの歴史

1952年、アマチュア無線が再開された間もないころ、当時はまだ真空管が主流の時代でした。当時はまだテレビの放送が開始されておらず
ラジオもAMのみでした。
この当時には民生用のリグやアンテナといった機材を発売するメーカーは存在しなかったので、アマチュア無線を始めるには自分で回路図やパーツを集めて組み立てていく他なかったのです。
もちろんそれらの部品もそこらへんのお店で売っているわけではなかったので、ラジオや軍用の放出品のジャンク品から取り外してくるというのが一般的でした。

アマチュア無線が再開されてから昭和27~30年頃までににかけては、こういった状況でした。

その後40年代に入るとエレクトロニクスの時代に突入し、ラジオ技術は発展期に入ります。
それまで一般的だった真空管に変わるパーツ、トランジスタが登場し、SONYが完成させた世界初のトランジスタ型ラジオ「TR-55」は革命的な出来事でした。
TR-55
一般的にトランジスタが手に入るようになったのはTR-55の登場から数年後になります。
当初は性能が低く、音響機器の用途には向いてるが通信機の高周波にはとうてい使い物にならないとされていました。
しかしながら、これを愛好家の間でどうにか使い物に出来るようにしようと試行錯誤を繰り返し、結果的にその壁を乗り越えることに成功してしまいます。
使えない物をどうにか実用出来るようにしてしまうという点が愛好家ならではといった感じですね。

トランジスタはサイズが小さいので、VHFやUHF向きなのは一目瞭然なので多くの愛好家が自作に励むようになりました。
こういった用に当時はプロだけでなく、アマチュアも電子技術の発展に貢献していた素晴らしい時代でした。

その他にはMCA無線などで使われている移動用の周波数はアマチュア用に設けられているVHF/UHFの周辺にあります。
一方、ハム人口が昭和60年代に入るころには100万局を超えていたのでリグで使われる半導体デバイスも民生用として開発しても採算が見込めました。
この頃はメーカー同士が競ってアマチュア無線用のデバイスを次々に市場に投入し、技術資料なども容易に手に入れることが出来ました。
この背景によって、メーカーが民生用機器の開発で培った技術は、業務用の本格的な機器作りにおいて大きく役立ったとされています。

このほかにも掘り下げれば、このほかにも多くの出来事などがありますが、今回はココまでとさせて頂きます。
次は通常通り買取の更新となると思いますが、また改めてこういった情報をお知らせしていければと思います!

ALINCO製品の買取について

あまりハムの世界について詳しくない人でも、ALINCOという名前はどこかで見覚えがあるのではないでしょうか。無線業界ではいわずと知れた定番ブランドとして大変有名ですが、それとは別に足場製品でも大きなシェアを誇るメーカーということをご存知の方は意外と少ないです。

同社がハムの世界に参入したのは1977年ごろとされています。

同時期にアマチュア無線フェスティバルの第一回目が開催されるにあたり、記念すべき初のラインナップとなる安定化電源やブースター類などを発表し、多くの反響を呼びました。

当初はリグ作りは行わず、関連の周辺機器やアンテナの製造に力を入れていましたが、80年代に入るころには初のALINCO製無線機のALシリーズを登場させました。

立ち上げ当時は、知名度を上げるために全国各地の無線ショップに足を運び、営業車は一年で10万キロを優に超えていたという逸話もあります。

主にモービル機の開発に注力して、1985年にはアメリカへ進出しデイトンハムベンションに出展したALM-201が大ヒットとなり、世界にアルインコの名を知らしめることに成功しました。

その後もALINCOの勢いは衰えることなく、独自の特許技術である「チャンネル・スコープ」機能を搭載したハンディや初の試みとなるHF・50HMHz帯モデルのDX-70などを次々の市場に投入し成功を収めてきました。そして同社で最も快挙ともいえるのが、業界初の民生用のデジタル無線機の開発に成功したことです。

国産初として製品化されたDR-135と435のほか、DJ-596はライバルメーカーを大きく引き離す台数が売れたとされています。

アルインコの無線製品売却なら当社にお任せください。

alinco

これまでにも画像のDX-77や、DM-330MVといった定番機は数え切れないほど取り扱い件数がございます。

あらゆるメーカーの中でもあらゆるシーンで使用されることが多い同製品は、中古需要も高く

買い入れしてもすぐに購入者が決まり、在庫が足りない状況となっています。

ハンディに関しては、同ブランドに限らず全体的に相場が崩れやすくなっているため、買取不可のモデルが多数ございますので、持込査定などの際は大変恐れ入りますが、一度当社のスタッフに受付可能かご確認ください。

値段がつかなくても引き取ってもらえればOKという場合や、合わせてご依頼いただいたお品物がお取引可能の場合、合わせて引き受けすることは可能です。

その他、ちょっとしたことでも気になることなどがあれば、フリーダイヤルの受付にてお問い合わせください。

一般的なラジオ(BCL)と受信機の違いとは?

主に受信機で無線ライフを楽しまれている方や気軽にラジオを聞くことがメインの方で、ふとにそれぞれの違いってなんなんだろう?と疑問に思ったことはありませんか?

無線の世界で指される受信機が、ごく一般的な日常で使用されているラジオと大きく違う点としてはまずVFOの安定度が挙げられます。
BCLラジオは基本的にAM変調派を受信するために設計されているものが多く、帯域幅が広く一度受信範囲にはいれば、ちょっとのことでそこから外れることもなく
ズレたとしても音調の変化などの影響はあまりないため、気軽に使えるというのが特徴となっています。 続きを読む

51S-1の買取について

Collinsの無線機といえば、海外製品に興味がある方であれば、誰もが一度は手に入れてみたいというものの代表格となっています。
往年の時代には挙げればきりのないほどの名品を生み出し、今も無線の最高峰機種として語り継がれるモデルは沢山ありますね。
そのうちのひとつに「51S-1」がありますが、当店では本機を高額買取中です。
51s1

同ブランドのラインS・シリーズとして、ファンの方であればご存知のとおり75S-1~3、32S-1などをはじめ、以前買取のお知らせをしたKWM-2なども有名です。
これらコンシューマーモデルに対してプロ用として作られたのがR-390~2などで、こちらもメカ好きにはたまらない一品です。 続きを読む