月別アーカイブ: 2016年11月

業者専用機、アルインコのDJ-XF7について

あらゆる受信ジャンルの中で消防無線の傍受をメインに楽しまれている方々にとって2016年は大きな問題を抱えていました。
というのも5月31日をもって、消防本部の通信機能が全てデジタル無線に移行してしまうため
これまでのアナログ機では電波を受信することが出来なくなってしまうからです。
(追記:最近は署活系のアナログ電波が健在しているようです。またその規模は拡大しているとのことです)

アナログ無線では140~150MHz帯を使っていましたが、デジタルでは260~270MHz帯へ移行となります。
国による決定のためこれを覆すことは出来ないため、これには多くのユーザーが大混乱に陥ってしまいました。

この決定から間もなくアルインコからデジタル消防の専用受信機、DJ-XF7が発表されました。

dj-xf7
操作や基本機能はホビーモデルと特別変わったところはなく、至ってシンプルな風貌。
一台の価格は17万円と業務用ということもあり若干高め。アンテナは取り外しが可能なTNCタイプ、災害などの緊急用にFMラジオも受信が可能となっています。

救世主といえるようなDJ-XF7の登場に多くの期待が集まったのもつかぬ間、本機は個人向けに発売されているものではなく認可された一部の組織向けに用意されたモデルということが発覚。
DJ-XF7に続いて、各社から車載向けの受令機などが発売されましたが、いずれも一般向けのものはなく、落胆の色は強まるばかりでした。

さて、このDJ-XF7。前記の通り一般には絶対出回ることのない受信機だったのですが
なんと最近、大手オークションサイトに出品されていることが発見され大騒ぎとなりました。
前記の通り一部の組織向けに販売がされているDJ-XF7を勝手に個人間で売買するのはNGですので、出品されたDJ-XF7は入札が入ることなく途中で出品を取り消したようです。

当店でもDJ-XF7をはじめ一般の使用が禁止されているような特殊な無線機は全面的に買取の対象外とさせていただいております。
業務用や特殊なモデルでも合法で使用できるものであれば買取は大歓迎です。

特にプロ用の固定型受信機などはほとんどの機種は高額買い入れの対象です。

個人様からのご依頼はもちろん、業者様でお使いになられていた無線機材の入れ替えや処分される際などは、当店の査定サービスであればお手持ちの機材をお電話上で金額のお知らせもできますので、まずは一度をご利用いただければ幸いです。