KENWOODの新型APRSハンディ、TH-D74をお売りください!


JVC KENWOODから新たしく登場したハンディタイプトランシーバーのTH-D74は先代のD72のフルモデルチェンジとして新開発されたAPRSer注目のモデルです。

th-d74

こちらのページではTH-D74の特長紹介と買取のお知らせをさせていただいております。

前機ではV/UHFとAPRSを搭載したスタンダードな仕様でしたが、TH-D74ではユーザーにとってうれしい便利機能を多数採用しています。
ワイドバンドをはじめ、マルチ受信モード、そしてなんとD-STARにも対応するという新世代機ならではの充実性を備えた夢のような完成度を実現しています。

TH-D72のAPRSではハードウェアTNCを採用していましたが、TH-D74ではフォームウェアであらゆる機能の動作を可能にするため、一から新しいバージョンのものが作られました。

基本的な部分はD72を踏襲しつつもあらゆる点でアップグレードが図られているため、一度手にとってみれば凄まじい進化を感じることができるでしょう。

具体的な違いとしては、まず本体のサイズが一回り小さくなり、重量も軽量化を実現。

UIについても一心されているものの、説明書を読まずとも扱いに困るようなことはありません。

また、TH-D74ではブルートゥースが装備されているため、端末とワイヤレスで繋ぐことができます。
クライアントソフトを使うことで、移動無線などの際に相手との交信情報を確認しやすくなりAPRSの楽しみをより広げることができますが
従来では移動運用の際に端末やそれらを繋ぐケーブルなどでゴチャゴチャになりがちでした。 その問題を解決するのにBluetoothが大いに役立つ存在ではあったものの、標準で対応するトランシーバーはほとんどありませんでした。
TH-D74では標準で備わっているので、使いこなせば移動運用をよりスマートに行うことができるでしょう!

気になる買取額について

TH-D74はまだ発売されたばかりということもあり、中古品であっても程度がよければ実売に近い価格で売買がされています。
買取の場合は40,000~50,000円が相場となっています(1/16時点)

当店では本機はまだ一度入荷していないため、特別価格にて買取実施中です。

特にほとんど使用していないものや未使用品はスペシャルプライスをご提示させていただきますので、売却をお考えのアマチュア無線ユーザーの皆様、ぜひ当店をよろしくお願いします!