月別アーカイブ: 2018年2月

アマチュア無線の安定化電源は売れる?

 

無線機を扱う上で必要になってくる機材で挙がるのが安定化電源です。
ハンディ機に関しては内臓のバッテリーや電池によって使用することができますが、モービル機やデスクトップタイプの無線機は基本的に安定化電源を使って駆動するのが一般的です。

安定化電源には大きく分けて3つの機種が存在します。

一つはトランス式電源。
これは古くから生産されているタイプのもので安定した動作、ノイズの少ない動作が可能です。

二つ目はスイッチング式電源。
最近の主流となっているのがこちらのスイッチングタイプの品物。
トランス式と比べて、軽量かつコンパクトなサイズに抑えられることから最近はこちらのタイプを使用する方が増えています。
欠点と言われている部分はスイッチング特有のノイズが入るということで深くアマチュア無線機を嗜まれている方には敬遠されがちです。

3つ目は産業用電源
これに関してはアマチュア無線機向けの物ではないのでユーザーはほとんどいません。
用途も無線機との接続を想定しているものは少なく、利便性はよくありません。

買取においては?

さて当店の本題となるのがリセールの需要についてです。
率直にいってしまうと電源のような周辺機器の場合、リグ本体と比べてリセール率が低いのは否めません。
特にトランス式の旧モデルの場合、当時の値段が高くても最悪値段が付かないこともあります。
そもそもほとんどのモデルが新品価格が手ごろで電源はやはり消耗品という認識が強いので、中古品を買い求めるという方が少ないというのが大きな理由といえます。

比較的売れやすいモデルは第一電波工業のDSPシリーズが人気です。
出力が高ければ高いほど定価も買取価格もそれに比例していきます。
リニアシリーズのモデルはDSPに比べてかなり売り値が下がりやすい傾向にあり仮に未使用であっても極端な値下がりを見せています。
扱いやすいということからか、やはりスイッチング式のほうがユーザーが多く、買取値にそれが反映されている印象です。

当店では安定化電源は全てお取扱対象となっておりますが、中古相場が落ちきってしまっているお品物については買取価格がつけられない場合がございます。
お値段がつけられないお品物単体の引き取りは対応不可となっておりますが、何か一点でも他に買取出来る無線機があれば一緒に引き取りが可能ですのでお気軽にご利用ください。

同軸切り替え器の使い方と買取について

今回はアマチュア無線の便利アイテムについてご紹介します。

長年無線を楽しまれている方であれば同軸切替器はほぼ大半の方が活用されている周辺機器ではないでしょうか。
かつてはアンテナ切替器ともいわれていましたが最近は同軸切替と呼ばれるほうが一般的になっていると思います。

同軸切替器の用途とはその名の通り複数の同軸(アンテナ)を選択することができるアイテムです。
本来であれば一台の無線機に対して一本ずつアンテナを設置すればこのような機器は必要がないのですが、現実的な問題として予算やシャック、住宅環境などが影響してそのような理想的な環境を実現できる人は少数派といえるでしょう。そこでこのアイテムが絶大な効果を発揮します。

本機は主にDIAMONDやCOMET,DAIWA,MFJが発売するものが主流となっています。かつてはWELZといったメーカーも存在しましたが現在は生産中止となっているので中古品を狙わなければ手に入れることは出来ません。
単純そうにみえて精密な作りのため内部を開けてのメンテナンスや改造はオススメできません。価格は3000~5000円と現実的な価格帯のものがほとんどです。

また、見た目が似ていることからディプレクサと混同されているケースがありますが二つとも用途ははっきり分かれています。
同軸切替器は無線機から発する周波数を選択したアンテナに届ける役割をもっていますが、デュプレクサは周波数を変換して送る役割を持ちます。
デュアルバンドのアンテナに別々の無線機を使って発信する際や一つのバンドのアンテナをデュアルバンド無線機で使う場合にデュプレクサを使います。
変換機なので同軸切替のようにスイッチはなく自動で変換がされます。

同軸切替器は多くのモデルが2~3系統持つものがほとんどですがMFJから発売されているMFJ-1701は他のメーカーの倍の6系統に対応しています。


その分価格は他のものと比較すると若干高額となってしまいサイズも同軸が増えた分だけ大きくなっていますが愛用者は多く、中古買取においてもひそかな人気モデルとなっています。

当店ではこういったアマチュア無線機にまつわる関連アイテムを一つ一つ買取りさせていただいております。思いもしていなかった物が高額査定となるケースも多いのでこれまで買取を利用していただいたお客様からは大変ご好評いただいております。関連品一点からはもちろん、無線機もまとめて買取も大歓迎ですよ~!

売りづらい無線機とは?

皆さんこんにちは。こちらのページでは不定期に当店が買取を行っている無線関連のお品物をご紹介してきましたが、最近お問い合わせを頂いた内容で「逆に買取出来ない品物はどういったものなの?」というご質問がありました。そこで今回は買取対象外品をテーマとしたブログをアップさせて頂きます!

早速本題に入りますね~!

まず一つ目はアンテナです。

未使用品や状態が良い物であれば買取出来るアンテナもございますが、使い古されているものや曲がりがあるもの、経年や雨風によって状態が優れないアイテナについてはリセールの需要が極端に少なく、買取についても前記の状態のものはほとんどの物が買取対象外となってしまいます。

二つ目はパーソナル無線機


こちらに関してですが、過去に発売された全てのモデルがほぼ買取が不可能な状態になっています。その理由はパーソナル無線の廃止が決定したことによるものです。ユーザー自体も減る一方でこれから始めようという方は極わずかです。
パーソナルトランシーバーは実用という面では価値が下がる一方となっていますが、懐かしいモデルの未使用品やデッドストックに関してはコレクターズアイテムとしての価値はあります。

三つ目はローテーター


ご存知の通り、アンテナを操作する機材ですが中古品はよほど使用感がないものでなければ値段はつきません。逆に美品のものや新品については買取価格がグンと上がります。

四つ目は違法無線機
こちらについてはその名の通り許可されていない周波数や出力を使用可能に出来るよう改造した無線機やリニアアンプなどのその他周辺機器になります。

特にかつて流行った非合法なCB無線機の売却お問い合わせが多いのですが買取不可となっています。(合法のCB無線はもちろん買取OK)

個人売買ではジャンク品や部品取りとして取引されていますが、基本こういった無線機については当店では全面的に買取をお断りさせていただきます。

買取対象外のお品物の大部分は上記の通りとなります。

もちろん可能・不可能どちらも例外のモデルはありますが、上記のお品物については今度、年数が経っても状況が変わることはないでしょう。さらにスプリアスをはじめとした改正の影響で売れない無線機はどんどん増えていくことが予想できます。海外製のオールドリグに関してはある程度相場が確立しているので急いで売らなければ値が下がってしまう!というケースはないですが
、ビンテージ価値が付きづらい現代の無線機は不要になったら早めに手放すことをオススメしております!