アマチュア無線の安定化電源は売れる?


 

無線機を扱う上で必要になってくる機材で挙がるのが安定化電源です。
ハンディ機に関しては内臓のバッテリーや電池によって使用することができますが、モービル機やデスクトップタイプの無線機は基本的に安定化電源を使って駆動するのが一般的です。

安定化電源には大きく分けて3つの機種が存在します。

一つはトランス式電源。
これは古くから生産されているタイプのもので安定した動作、ノイズの少ない動作が可能です。

二つ目はスイッチング式電源。
最近の主流となっているのがこちらのスイッチングタイプの品物。
トランス式と比べて、軽量かつコンパクトなサイズに抑えられることから最近はこちらのタイプを使用する方が増えています。
欠点と言われている部分はスイッチング特有のノイズが入るということで深くアマチュア無線機を嗜まれている方には敬遠されがちです。

3つ目は産業用電源
これに関してはアマチュア無線機向けの物ではないのでユーザーはほとんどいません。
用途も無線機との接続を想定しているものは少なく、利便性はよくありません。

買取においては?

さて当店の本題となるのがリセールの需要についてです。
率直にいってしまうと電源のような周辺機器の場合、リグ本体と比べてリセール率が低いのは否めません。
特にトランス式の旧モデルの場合、当時の値段が高くても最悪値段が付かないこともあります。
そもそもほとんどのモデルが新品価格が手ごろで電源はやはり消耗品という認識が強いので、中古品を買い求めるという方が少ないというのが大きな理由といえます。

比較的売れやすいモデルは第一電波工業のDSPシリーズが人気です。
出力が高ければ高いほど定価も買取価格もそれに比例していきます。
リニアシリーズのモデルはDSPに比べてかなり売り値が下がりやすい傾向にあり仮に未使用であっても極端な値下がりを見せています。
扱いやすいということからか、やはりスイッチング式のほうがユーザーが多く、買取値にそれが反映されている印象です。

当店では安定化電源は全てお取扱対象となっておりますが、中古相場が落ちきってしまっているお品物については買取価格がつけられない場合がございます。
お値段がつけられないお品物単体の引き取りは対応不可となっておりますが、何か一点でも他に買取出来る無線機があれば一緒に引き取りが可能ですのでお気軽にご利用ください。