モールス信号に使う電鍵(パドル)を買取中


電鍵といえば、いわず知れたモールス信号を発信する為の機器です。
電子通達の原点といえる存在で、かつてはあらゆる業界やアマチュア無線家の間での通話手段として使用されていました。

代表的なモールスキー

最近ではネットの普及によってメールやスマホを使えば、誰でも気軽に連絡が取れるようになってしまった為
モールスはその姿はおろか、存在すら知らないという人も増えてきている中、アマチュア無線の愛好家の間では逆に再燃を感じさせるような動きも見えてきました。
簡易的な無線機の設備があればすぐに通信が行えるという利点が再注目され、最近改めてモールスを楽しまれるという方が増えてきてるようです。

そこで、当店ではアマチュア無線機の主要となる本体類のみに限らず、電鍵の買取もスタートいたしました。
というより元々、電鍵やパドルは査定対象とさせて頂いておりますが、当ウェブページ上で告知が出来ていなかった為
電話やウェブからの売却見積もりをいただいた際に「電鍵は買取可能か?」というお問い合わせが多いため、
改めてパドルの取扱について告知させて頂こうと思い、こちらのページを作成しました。

一言で電鍵といっても、様々な種類が存在するのはアマチュア無線家の方であれば、よくご存知だと思いますが、買取のお知らせの為、改めて代表的な物をまとめてみました。

単式電鍵

別名、ストレートキーとも呼ばれるもので、ボタンを押すようにレバーを動かすことによって、モールスを発信することができる最もオーソドックスなスタイル。
補助的な要素はないので、使いこなすにはそれなりの経験が必要となります。

横振り式
板の形をしたレバーが横方向に動き、どちらも動かしている間は信号が出ている状態になります。

その他にも様々な種類が存在しますが、全て紹介すると膨大な内容となってしまう為
買取で需要の高いモデルを

まずはなんといってもハイモンド。世界的にも有名な専門メーカーとして、これまで数多くの電鍵を発売されています。
その中でも最も希少価値が高いのがこちら、HK-8。 コレクターの方からお譲りいただいたのですが、過去に買取で同品を見たのは2,3回ほどしか記憶になく、中古市場でも放出品がなかなか見られない希少品です。

HK-8

HK-8

そしてこちら、日本にほとんど現存していない思われる

Eddystone BugのS689。Eddystone Bug
Eddystone Bug

英国で作られていた半自動設計のモールスキーで、ほとんどが真鍮で出来ていて、写真の物は中期ごろに登場したダイキャストカバーが取り付けられたお品物です。

これまで買取実績は一度なく、中古品が出てくることも皆無の状態です。
こういったレア物は基本的に高額にて買受可能ですので、お持ちの方で売却をお考えの際はぜひとも戸口無線にお申し付けください!