ICOMのIC-730やIC-750シリーズなどを買取中

当店では数十年以上前に発売された古い年式の無線機も幅広く買取実施中です。

あらゆるお取扱の品目の中から今回は下記のリグについてご案内させていただきます。

ic-730

IC-700シリーズについて

ICOMが1970年代末に発売したIC-710からスタートした700シリーズ。

アナログ無線機の全盛という最中にデジタルVFOを完成させそれをコンパクな筺体に搭載させることに成功。アイコムの高い技術力を世界のハムに知らしめ、無線メーカーとしての活動を飛躍的に伸ばす形となりました。

80年代に入るとコンパクトHF機というコンセプトはそのままに、性能の向上を徹底した後継機を続々と輩出していきました。

IC-730は当時のラインナップにあった700シリーズの中で最も手ごろなモデルとして発売されました。

コスト制限が厳しい価格帯のHF機でありながら新技術が盛り込まれており、アイコムのHFトランシーバーの中でもかなりの台数が生産されため、オールドリグとしては比較的今でも手に入れやすいです。

高性能のDBMをはじめ初段IF部にノイズを抑えたMOS FETを用いたことで、当時のアマチュア向けの同価格帯にあるトランシーバーの中では最高峰の受信性能を実現していました。もちろんトランスミッター部についても抜かりはなく当時では卓越したスペックと機能を持っていました。

前モデルのIC-720で培った技術を受け継ぎつつ、14MHzより上の高いバンドで高い効果を得られる広帯域RFプリアンプ、そしてプリにはノイズフィギュアに優れたジャンクションFETなど、価格の域を超えた充実内容を持ちます。

出物が豊富という理由から中古価格はかなり手ごろです。買取価格としては通常使用できるもので3000円から5000円。元箱が揃っている綺麗な個体という場合でも1万円が上限となっています。

その他、IC-700シリーズの上位機種についても買取も大歓迎です。

更にレシーバー機能が煮詰め、民生用としては最高水準のでアマチュア無線層から大絶賛となったことからIC-750をはじめ、基本回路は同一ながら、各部に更なる進化が見られるIC-760。

ic-760pro

そしてさらに改良を加えたIC-760PROはアイコムの80年代を代表する銘リグ。バンド帯が拡張され専用のATを装備。
音質はとてもクリアであり、上級機という名目に恥じない完成度によってDXer御用達機種という時代もあったほどのヒットぶりでした。

これらのような上級機種は懐古的な流れで購入する層がいらっしゃるため中古値も安定しています。

アイコムの古いアマチュア無線機を売却に出す際はぜひ当店の買取お見積もりサービスをご利用ください。