ICOMのフラッグシップトランシーバー、IC-7851を買取中


ICOMから新たに最高峰となるトランシーバーが発売されました。
それがこちらの、IC-7851です。
モデル名の通り、IC-7800の後継機として発表され、長年のアイコムフリークはもちろん
熱心なDX’erやハイエンドユーザーから注目を浴びる今話題のトランシーバーです。
当店ではこのIC-7851を買取取扱の強化を致しております。ic-7851
前作の性能をあらゆる点から見直しを行い大幅な進化を遂げ、新しい領域となるRMDR:110dBの達成をはじめ

従来のスコープでは確認しづらかった非常に弱い信号も搭載されているウォーターフォールであれば、しっかりと目視することができます。またそれだけでなく、応答性・ハイレゾともに優れているため、周波数の使用状況を瞬時に把握できます。まだまだそのほかにも便利な機能が盛りだくさんで
あらゆるシーンでも頼もしい相棒となる、多様性に富んだハイパフォーマンスモデルです。

アマチュア無線ファンの方であればほとんどの方がご存知だと思いますが、IC-7851は先行して発売された、IC-7850がベースとなっています。

ic-7850
アイコムの創立50周年を記念して世界150台のみ生産が行われたIC-7850、こちらも買取強化中です。
基本的な性能は7851と変更はありませんが、フロントパネルのピアノブラック仕上げをベースに
ボタンなどの操作部がゴールド仕上げとなっているます。
アマチュア無線ファンであれば、一目みれば只ならぬモデルということが分かる、煌びやかな演出が施されています。
価格はIC-7851よりも20万円高い設定となっていますが、実用としてはもちろん、コレクターズアイテムとしての需要から瞬く間に販売完了となってしまいました。

こういった限定品という無線機というのは最近はなかなか見られなかっただけに、反響はアイコムが予想よりも大幅に大きかったようで、買い損ねてしまい落胆されている方も多いようです。

まだ発売間もない新機種のため、中古品の出物は見られません。もちろん当店でもIC-7850とIC-7851ともに買取の実績はありません。
そのため、査定も特別価格をご提示中です。また、IC-7851に買い替える予算としてIC-7800などの旧モデルを売りたいご相談やアイコムに限らず、他社フラッグシップリグから海外製のビンテージ品まで幅広い買取ご相談を承っております。年末年始も休まず業務を行っておりますので、いつでもお気軽にご利用ください!