自分で作る、キットのトランシーバーを高額にて買取


本回はいつもの定番モデルやメーカーさんのご紹介から少し離れて、コアな無線機の買取事情についてお知らせしたいと思います。

現在、かつて往年ブランドから発売されていたキットの名機品をはじめ、現行のラインナップに置かれている自作品トランシーバーの買取を実施中です。

キットトランシーバーを作るブランドといえば、ハム人口がうなぎ登り状態にあったハム黄金時代のころには、国内だけ目を向けてもメーカーを含めるとかなりの数の業者が存在しました。
残念ながら今ではその大半が業界衰退を理由に姿を消してしまいましたが、最近になって自作トランシーバーというジャンルが再注目され、中古市場では廃番となったトランシーバーキットの売買が目立つようになりました。とはいえ、もちろん全てのキットトランシーバーが高額で取引されいるわけでなく、中には価値が落ちきってしまい処分するほか無いという物もありますが、、逆にプレミア価値がついて思わぬ高額査定にビックリというケースも多々見られるようになりました。

具体的にキットトランシーバーの数ある製品の中で往年の銘品とされている物や、現在でも製造が続けれられている機種で代表的な物とは何なのか気になると思います。それら全てとなると膨大な内容になってしまう為、今回はその一部を教えちゃいます!

まずは最近話題となっている、エレクラフト社製のトランシーバー。

K2

デビュー作のK2は自作向けながら高い性能を備えた本格的なトランシーバーとして多きな話題を呼びました。
日本ではエレクトロデザイン社が正式な代理店として取扱をされています。
久しくこういった自作派の心を掴むリグというのは無い状態が続いていたので、現在もセールスを伸ばしている名機。
当店では本機以外のモデルはもちろん、組み立て済みでも問題なく買取が可能です。

そして、ベテランの無線ファンに認知度の高いヒースキットも忘れてはなりません。

heathkit

 

アマチュア無線機をはじめ、幅広い電化製品のキットモデルをラインナップに置く自作派の神様といえるような存在だったヒースキット。当時の完成品の海外製リグはとにかく高額だったので、ヒースキットの製品であれば比較的安価で手に入れることができるのが最大の魅力でした。また、ヒースキット製品のおかげでを自分でリグを作る楽しさに目覚めた方も多いのではないでしょうか。
ヒースキットが発売した製品は、そのほとんどが現在の中古市場でも価値のある一品として扱われています。

その他、ハンディ型ではミズホ通信や、当時ビギナーだった方に思いで深いと思われる、光波無線のリグなども買取人気の高いアイテムです。

光波無線

上記二点については通信性能よりもレトロの部分で根強い需要を見せるお品物となっています。
紹介はここまでとなりますが、まだまだ高額買取品はたくさんありますので、ぜひ状態や機種に関係なく売りたいものがあれば一度査定のお問合せをいただければ幸いです。