無線のレンタルサービスについて


携帯電話とは違った活用法や一度手に入れれば電池代やバッテリーへの充電以外には特に費用が必要が無いという利便性の良さから人気なのがアマチュア無線です。
特に、大がかりな登山や僻地などへの観光などを行う際にも、携帯の電波が期待できない環境でも双方向通信でやりとりが出来るため
初心者の方はもちろんのこと、登山やアウトドアに慣れたプロの方にとっても欠かすことができないグッズの一つとなっており
無線業界では今一番売買の多いアイテムとなっています。ちなみに当店でも買取の入荷率はとても高いです。

このトランシーバーを実際に購入するためには、家電量販店をはじめ、各種通信機器を販売する専門店を通じた購入が必須となるのですが
実際にトランシバーを購入しようとすると、1組2台構成で販売されていることもあってか
普及価格帯の物なら1組5万円程度、高級価格帯の物なら1組10万円以上の価格で販売されているなど、およそ一般的な使い方を想定した場合や
手軽に使える機材として活用するという意味では、なかなか手が出せない価格で販売されているのが実情です。

確かに、携帯電話と比較すると、遠距離での通信が行えないという欠点はありつつも100mから1km程度の距離なら十分に双方向の通信がリアルタイムで行える上
通信費用が一切掛からないという大きなメリットもあることから、初期投資の形で高額なトランシーバーを購入している方も多くいるようです。
そんな中、高額な費用がネックとなりトランシーバーを旅行やお出かけの際に活用したくとも使えないという不満を持つ方にオススメしたいのが、トランシーバーのレンタルやリースサービスの存在です。
例えば、基本的な性能を持つ普及価格帯のトランシーバーの場合、1組2台を1日借りると約4,000円程度の費用で抑えることができます。

旅行など一時的な利用が目的とはいえ、1組に数万円程度の費用を支払って購入する事を考えると、使用したいときだけ最新型の機種を手頃な価格で利用できると言う点がメリットとなります。
もちろん、更に高性能で広範囲にわたる通信を行う事ができる高級機の場合は、1組当たりのレンタル費用も上昇する傾向がありますが、それでも1組1万円以内にはレンタル費用を抑えることが出来るので、購入するよりも遙かにお得と言えます。
或いは、1日単位ではなく1週間や1ヶ月単位でのレンタルを希望する方には、レンタルではなくリース契約でトランシーバーを借り受けることができるサービスも提供されているので、こちらを利用すると良いでしょう。
ただし、購入後、様々な場面で実際に使用する機会が多い方の場合、レンタルよりも購入した方がお得になる場合もあるので、じっくりと検討して利用する必要があります。

当店ではアマチュア無線の買取サービスの他に提携業者による無線機のリースも行っておりますので気になる事がございましたらお気軽にご相談ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です