YAESUの新モデル、FT-991について


現行のミドルクラスのアマチュア固定機の中で一際、好調な売れ行きを見せるFT-991。

 

FT-991
初のお披露目となったのは2014年に開催されたハムフェアの時。
発売前から人気はうなぎのぼりで、取扱店はどこも予約が殺到しましたね。
翌年の2月にははれて出荷が開始されたものの、その台数はごくわずかで多くの方が予約待ちとなってしまい、待ち焦がれた人は数知れず。

FT-991の特長

本機はFT-897の後継機として開発された一台です。前作よりもディスプレイが拡大され、次世代無線機ならではのタッチ操作に対応しています。また各ダイヤルなどはシンプルながら感触など、ユーザビリティの面も徹底した考慮がなされています。

主な仕様はHFから430MHz帯のオールモード機で、出力は20~100Wまで選べ、2アマまで対応となっています。全体的に受信の音は非常に聴きやすく、フィルター機能も高級機に劣らない充実した内容を持っています。

また、今話題のYAESU独自のWires-Xにも対応しているのがポイントです。

ヤエスの無線機とパソコンのネット環境を繋げることで、とても広い距離の通信を可能にした画期的な機能です。出力の小さいハンディ機でも、世界にまで交信が出来るという夢のような内容で、次世代のアマチュア無線の代表的な機能となっています。ヤエスが発売するWires-X対応のリグとHRIシリーズとネット環境、用意すれば始めることが出来るという敷居の低さもあいまって、今非常に注目の高い機となっています。

wires-x

※ちなみに、当店ではインターネット接続キットのHRI-200も買取を行っています。

ビギナーでもなんとか背伸びすれば手の届く価格でありながら、非常に充実した内容によってYMはもちろん、OTまで層を問わず支持されています。

特に移動無線を楽しまれている方にとても好評で、現在では定番機ともいえる存在となっています。

現在の市場では出始めのころの勢いは収まりつつも、まだまだ購入希望は多いため、状態が良い物だと新品実売に近い買取金額で売買されています。

当店の買取事例においては、新しい機種ということもあり、まだ取扱件数が少ないモデルとなっています。

トグチムセンでは新しい物や希少品といった入荷が少ないお品物は、査定の強化品目とさせて頂いております。日々、業界最高値の見積もりを目指し徹底した中古相場の調査を行い、お客様に自信を持ってその内容をご提示させて頂きますが、他店様よりも金額が低かった場合はお知らせください!